借地権付き住宅

借地権付き住宅の場合のメリットとデメリットについて見ていきましょう。
都心部においては、最近戸建て、マンションに関係なく、定期借地権付きのものが多く目につくようになってきました。
定期借地権というのは、通常50年間の契約期間が終わった際に建物を取り壊し、更地にして返す必要があるというような条件付の借地権のことです。
契約上としては、期間を延長することは認められておらず、立ち退き料を請求することもできません。


定期借地権付きの場合のメリットは、価格が所有権のものに比較して安いことです。
一般の場合、より広い物件を同じ価格で買うことができるため、余った資金を別のいろいろな生活する上でのものに回して、余裕のある暮らしをすることができます。
現在のように社会環境が激しく変化することから考えると、ほとんどの場合同じ場所に50年以上住み続けることは考えにくいでしょう。
そのため、一定期間住むことができる場所を、とりあえず安い費用で確保することができるのは非常にメリットがあると言えるでしょう。


一方、デメリットは、土地を更地で50年後には返す必要があるため、相続が困難であることが多い、低い担保価値であるため住宅ローンを利用する場合や借り換えが困難である、住戸を高齢になって失う恐れがある、ということです。
定期借地権付きの物件の場合には、十分に自分のライフプランを検討しておくことが大事です。
本サイトでは、土地を買う必要がない、定期借地権付きの住宅、多くのメリットがある、についてご紹介します。